[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォードに敗れたポーターが現役引退を発表 米記者「並々ならぬキャリアだった」

ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトル戦が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われ、王者テレンス・クロフォードが挑戦者の元WBC&IBF同級王者のショーン・ポーター(ともに米国)を10回TKOで下した。敗れたポーターは試合後、現役引退を表明した。

10回にダウンを奪われたショーン・ポーター【写真:AP】
10回にダウンを奪われたショーン・ポーター【写真:AP】

10回TKOで敗れた試合後に表明、海外記者らがツイート

 ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトル戦が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われ、王者テレンス・クロフォードが挑戦者の元WBC&IBF同級王者のショーン・ポーター(ともに米国)を10回TKOで下した。敗れたポーターは試合後、現役引退を表明した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 エリート対決とも評されたウェルター級タイトル戦。決着は10回だ。クロフォードがカウンターの左ストレートでダウンを奪取。勢いに乗った王者は一気に畳みかけ、強烈に右オーバーハンドで2度目のダウンを奪った。ポーターはなんとか立ち上がったが、陣営が棄権した。

 キャリアで一度もKO負けがなかったポーターに動きがあったのは試合後の会見。英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者は「テレンス・クロフォードに敗れたショーン・ポーターが引退を発表した」とツイートした。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者も「ゲートキーパー(評判が高くともタイトルなどを持っていない選手)になることには興味がないと言っていた。2度の王者経験のある並々ならぬキャリアだった」とツイートした。

 キャリア通算で36戦31勝(17KO)4敗1分け。世界王者にも輝いたポーターがこの日限りでグラブを吊るすことになった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集