[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

あの感動が甦る― 小平奈緒、「36.94の衝撃」に五輪専門サイトが脚光

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)。31歳にして五輪新記録の36秒94をマークし、世界の頂点に立った姿は感動を呼んだが、五輪専門サイトが脚光。「ナオ・コダイラの平昌五輪を見よ」と「美しき抱擁」を含めた名場面を動画で公開している。

小平奈緒【写真:Getty Images】
小平奈緒【写真:Getty Images】

オリンピックチャンネルが平昌五輪女子500mの名場面を公開、「美しき抱擁」も…

 平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)。31歳にして五輪新記録の36秒94をマークし、世界の頂点に立った姿は感動を呼んだが、五輪専門サイトが脚光。「ナオ・コダイラの平昌五輪を見よ」と「美しき抱擁」を含めた名場面を動画で公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 あの感動が、今にも甦ってくるようだ。IOCが運営する五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」は12日に公式ツイッターで1本の動画を公開した。

 熱狂を呼んだ平昌五輪。スタートの構えを取った小平の右手のアップから始まったレースシーン、号砲とともに日本の31歳は特徴的な前傾姿勢を保ち、500メートルを疾走。そして、歯を食いしばって走り、最終コーナーから直線に入るとスピードを落とすことなくゴールへ。会場は熱狂に沸き、海外実況は「36秒95(速報タイム) オリンピックレコード」と快挙を伝えている。

 映像では、途中から「とてもすがすがしい気分」「(金メダルは)私の成長を示すものになった」「(五輪新記録は)私が刻んできた時間だと思います」と小平のインタビューが載せられている。そして、映像の最後には世界に感動を呼んだ銀メダルのイ・サンファ(韓国)を迎え入れ、抱き締める抱擁シーンも。日の丸を背負い、歓声に応える姿はまさに英雄に相応しかった。

 投稿には「日本のナオ・コダイラの平昌冬季五輪2018でのハイライトを見よ」とつづられている。金メダルの歓喜から3週間たつが、こうして日本のスピードスケート界のエースに脚光を当てられているのは、それだけ感動が大きかったことの裏返しだろう。

 小平は大会後、世界スプリント選手権で500メートルの連勝を「27」に伸ばした。直後に体調不良で大会を途中棄権し、休養しているが、一日も早い復活を誰もが待ち望んでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集