[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダニエル太郎、金星献上のジョコは自らのミス連発嘆く… 「とても奇妙だ」

男子テニスのBNPパリバ・オープンの男子シングル2回戦は11日(日本時間12日)、世界ランク106位のダニエル太郎(エイブル)が元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)をフルセットの死闘の末に7-6、4-6、6-1で撃破した。右肘の故障から完全復活を目指すジョコビッチは金星献上を「とても奇妙だ」と嘆いている。地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

106位のダニエルに敗れたジョコビッチ、らしからぬミス続出にがっくり

 男子テニスのBNPパリバ・オープンの男子シングル2回戦は11日(日本時間12日)、世界ランク106位のダニエル太郎(エイブル)が元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)をフルセットの死闘の末に7-6、4-6、6-1で撃破した。ATP公式中継サイト「テニスTV」は大金星の瞬間を動画付きで紹介。一方、右肘の故障から完全復活を目指すジョコビッチは金星献上を「とても奇妙だ」と嘆いている。地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 1-5でリードされた第3セット。ジョコビッチは最後のフォアハンドが外れ、初戦敗退が決まると、座り込んで喜びを噛みしめるダニエルに対して、右手の親指をサムアップ。握手と抱擁を交わしながら激励するなど、かつての王者は懐の深さも示した。

「テニスTV」はダニエルの歓喜の大金星の瞬間を公式ツイッターに動画付きで紹介。一方、記事によると、まさかの番狂わせを演出してしまったジョコビッチは、こう振り返っている。

「とても奇妙だ。私は完全にリズムを失っていた」

 序盤に本来の力強さを見せたが、らしからぬミスを連発。ATP公式サイトによると、アンフォーストエラーは61本を数えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集