[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ゴロフキン陣営の宿泊費は4000万円」 村田諒太、“タイソン超え”史上最大の興行に

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日夜にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。歴代でも世界最強の一人とされるレジェンドとのビッグマッチ。帝拳ジムの本田明彦会長は日本のボクシング史上最大の興行規模になると明かした。

会見に出席した村田諒太(右)とリモートで会見に臨んだゲンナジー・ゴロフキンが揃ってポーズを決めた【写真:荒川祐史】
会見に出席した村田諒太(右)とリモートで会見に臨んだゲンナジー・ゴロフキンが揃ってポーズを決めた【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキンを正式発表

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日夜にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。歴代でも世界最強の一人とされるレジェンドとのビッグマッチ。帝拳ジムの本田明彦会長は日本のボクシング史上最大の興行規模になると明かした。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 ゴロフキンが日本のリングに上がる。しかも、五輪金メダル&プロで世界王者という日本人初の偉業を成し遂げた村田との統一戦だ。村田は「(17年10月に)世界タイトルを初めて獲った時に上にいるのはゴロフキン選手しかいないと思っていた」と長年熱望していたカードの実現に感謝した。

 本田会長は興行実現までの道のりを振り返り「コロナ禍だったことが一番大変」と強調。昨年からゴロフキンに対戦の了承を得ていたが、ここまで会場や中継局などの交渉に難航した。村田の最後の試合は19年12月の初防衛戦。この2年間はビッグマッチが目前で頓挫した時もあり、同会長は「ワクチンのことや隔離期間などいろんな条件がクリアにならないといけない」と金額面以外でも壁が多かったという。

 ゴロフキンの来日がいつになるか未定だが、隔離期間も必要になる。陣営全員の隔離期間も含むと、「ホテル代だけで3000~4000万円になる。それくらいコロナ禍は大変」と説明。他者との接触を避け、レストラン付きフロアを貸切る待遇だという。隔離明けの練習場所は帝拳ジム。村田と会わないように時間調整し、この期間は他の所属選手すらジムで練習させないとした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集