[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「速すぎて何が起こったか分からん」 Bリーグで生まれた一瞬のトリックプレーに反響

バスケットボールのB1リーグは第6節が6、7日に行われた。その中から、Bリーグファンの心を掴んだ名珍場面をプレーバック。7日の広島―島根戦ではユニークなトリックプレーが生まれた。Bリーグ公式ツイッターが紹介すると、驚きの声が上がった。

オーストラリア代表としても活躍するニック・ケイ【写真:Getty Images】
オーストラリア代表としても活躍するニック・ケイ【写真:Getty Images】

島根のケイがスローインで披露したトリックプレーとは

 バスケットボールのB1リーグは第6節が6、7日に行われた。その中から、Bリーグファンの心を掴んだ名珍場面をプレーバック。7日の広島―島根戦ではユニークなトリックプレーが生まれた。Bリーグ公式ツイッターが紹介すると、驚きの声が上がった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 第2句クォーター(Q)残り5分44秒、島根の敵陣エンドラインからのスローインの場面、ボールを持ったニック・ケイは目の前のゴール下で背を向け、警戒していた相手選手の背中にボールをぶつけた。そのボールをダイレクトで拾うと、すぐさまジャンプシュート。楽々と決めてみせた。

 相手の意表を突いたプレー。Bリーグでも稀に見られるプレーではあるが、リーグ公式ツイッターが「相手の背中にボールを当てるトリックプレー」と動画付きで紹介すると、ファンからは驚きの声が上がっている。

 コメント欄では「ミニバスの頃にこれやってラインオーバーになって監督に怒られたのはいい思い出」「一瞬『?』ってなりました」「速すぎて何が起こったか分からんかった」「え、こんなワザもありなんですか??」という声のほか、「優しくボール当ててる所好きだよ」「当て方にやさしさがにじみ出ている」と当て方に人柄が表れているとの声も。

 オーストラリア代表のケイは206センチ、106キロのパワーフォワード。今季から加入した名手の意表を突く“やさしい”プレーで話題を呼んでいた。なお、試合は20得点を挙げたケイの奮闘もあり、島根が113-109で接戦をものにしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集