[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 次世代スター、須本光希は3位発進 米記者「とてもスムーズ」と称賛 …世界ジュニア

次世代スター、須本光希は3位発進 米記者「とてもスムーズ」と称賛 …世界ジュニア

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は8日、男子シングル、ショートプログラムを行い、日本の須本光希(大阪・浪速高)は72.94点で3位と好発進。三宅星南(せな・岡山理大付高)は67.98点で10位となり、ともに上位24人による10日のフリー進出を決めた。首位は80.28点のアレクセイ・クラスノジョン(米国)。2位は76.54点のアレクセイ・エロホフ(ロシア)。

須本光希【写真:Getty Images】
須本光希【写真:Getty Images】

フィギュアの世界ジュニアで17歳の須本がSP3位と好発進決める

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は8日、男子シングル、ショートプログラムを行い、日本の須本光希(大阪・浪速高)は72.94点で3位と好発進。三宅星南(せな・岡山理大付高)は67.98点で10位となり、ともに上位24人による10日のフリー進出を決めた。首位は80.28点のアレクセイ・クラスノジョン(米国)。2位は76.54点のアレクセイ・エロホフ(ロシア)。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 羽生結弦(ANA)にあこがれる17歳、須本は冒頭のトリプルアクセルを成功させると、3回転フリップ-3回転トーループのコンビネーションも着氷させるなど、ジャンプに大きなミスはなく、自己ベストには及ばなかったが、3位と好発進を決めた。

 昨年末のジュニアグランプリファイナルで3位に食い込んだ。羽生や宇野昌磨(トヨタ自動車)の次世代を担う存在を、米国の名物記者も高く評価した。ジャッキー・ウォン氏は「3A、3F3T、3Lz…とてもスムーズで、流れるように氷上を旋回している」と自身のツイッターでその演技を称賛した。

 過去には羽生(2010年)や宇野(2015年)も制している登竜門。日本の“次世代エース”はフリーでさらに上を目指す。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー