[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ワリエワ、SP世界2位のGPデビューに海外衝撃「この上なく優れた」「期待に応えた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日(日本時間30日)、女子ショートプログラム(SP)が行われた。GPデビュー戦となった15歳カミラ・ワリエワ(ロシア)は84.19点と世界歴代2位の高得点を記録。衝撃の演技に、海外記者からは「(他の選手が)ここで勝つことは難しくなった」などと称賛が寄せられている。

スケートカナダ女子SPで世界歴代2位の高得点を記録し、首位発進を決めたカミラ・ワリエワ【写真:AP】
スケートカナダ女子SPで世界歴代2位の高得点を記録し、首位発進を決めたカミラ・ワリエワ【写真:AP】

スケートカナダ女子SPで84.19点をマーク

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日(日本時間30日)、女子ショートプログラム(SP)が行われた。GPデビュー戦となった15歳カミラ・ワリエワ(ロシア)は84.19点と世界歴代2位の高得点を記録。衝撃の演技に、海外記者からは「(他の選手が)ここで勝つことは難しくなった」などと称賛が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 15歳が衝撃の得点だ。ピンクを基調とした衣装で登場したワリエワ。冒頭、両手をあげたタノジャンプでの3回転アクセルに成功。勢いに乗って3回転フリップ、ルッツ―トウループの連続3回転も決め、長い手足を活かした堂々の演技を披露した。

 SPの得点84.19点は、同じくロシアのアリョーナ・コストルナヤが記録した85.45点に次ぎ、SP世界歴代2位の記録。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は、自身のツイッターでワリエワが決めたタノジャンプでの3回転アクセルの映像を公開。「ワリエワが国際大会の舞台で3Aを決めるようになった。(他の選手が)ここで勝つことは難しくなった」と文面に記した。

 米国の人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏は「これがGPシニアデビューを飾ったカミラ・ワリエワの主張です」「この上なく優れていた」などとツイッターで称賛。カナダ公共放送「CBC」の人気レポーター、ジャクリーン・ドーリー氏も「ワオ。SPを滑っただけだが、カミラ・ワリエワは大きすぎる期待に早くも応えていた。わずか15歳の彼女だが、3回転も難なくこなした。84.19点で自身のSP新記録となった」と注目していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集