[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ザギトワに続け ロシアに4回転跳ぶ13歳美少女も… 世界ジュニア選手権がスゴイ

ザギトワに続け ロシアに4回転跳ぶ13歳美少女も… 世界ジュニア選手権がスゴイ

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)が5日に開幕した。注目は女子シングル。昨年はアリーナ・ザギトワ(ロシア)が制し、シニアデビューした今季、一気に平昌五輪で五輪女王にまで上り詰めた。今年は22年北京五輪で期待される逸材たちがズラリと揃っている。

アリョーナ・コストルナヤ、アレキサンドラ・トルソワ、アナスタシア・タラカノワ【写真:Getty Images】
アリョーナ・コストルナヤ、アレキサンドラ・トルソワ、アナスタシア・タラカノワ【写真:Getty Images】

5日開幕の世界ジュニア選手権、22年北京五輪を狙う次代の逸材がズラリ

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)が5日に開幕した。注目は女子シングル。昨年はアリーナ・ザギトワ(ロシア)が制し、シニアデビューした今季、一気に平昌五輪で五輪女王にまで上り詰めた。今年は22年北京五輪で期待される逸材たちがズラリと揃っている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 注目はなんといってもロシア勢だ。昨年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで1位のアレキサンドラ・トルソワ、2位の14歳アリョーナ・コストルナヤの2人が出場。ともにザギトワと同じトゥトベリーゼ門下生だ。スタニスラワ・コンスタンチノワとともに上位独占を狙う。

 特にトルソワは当時、転倒こそしたが、4回転サルコーに挑戦。シニア顔負けの合計205.61点で優勝した。その後の国内大会で4回転サルコーを成功させている。しかも、年齢は2004年生まれの13歳というから恐ろしい。

 2位のパネンコワは同じ大会に出場していた宇野昌磨(トヨタ自動車)と2ショット写真を撮影する、ほほえましい“撮影会”が国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターで紹介され、話題を呼んだが、実力は折り紙付きだ。

 そんな逸材たちに挑むのが、日本勢だ。上位6人中5人がロシア勢だったジュニアGPファイナル4位に食い込んだ紀平梨花(関大KFSC)。当時は史上初の3回転アクセル―3回転トーループを成功させ、脚光を浴びた。山下真瑚、横井ゆは菜とともに表彰台を狙う。

 昨年優勝したザギトワはシニアデビューから無敗で一気に五輪女王まで輝いたことは記憶に新しい。果たして、22年北京五輪で中心となる逸材は生まれるのか。注目の戦いが始まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー