[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子と初の“最終R最終組”対決 首位・勝みなみが気合「シブコと一緒に笑顔で」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース第2ラウンド(R)が16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で開催された。勝みなみ(明治安田生命)は、4バーディー、1ボギーの69で通算12アンダーとし、首位をキープした。首位には2学年下、「プラチナ世代」の古江彩佳(富士通)も並ぶが、勝は同じ「黄金世代」で1打差3位の渋野日向子(サントリー)を意識。2人にとって初めてとなる最終R最終組対決を「楽しみ」と表現した。

通算12アンダーとし、首位をキープした勝みなみ【写真:Getty Images】
通算12アンダーとし、首位をキープした勝みなみ【写真:Getty Images】

富士通レディース第2R

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース第2ラウンド(R)が16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で開催された。勝みなみ(明治安田生命)は、4バーディー、1ボギーの69で通算12アンダーとし、首位をキープした。首位には2学年下、「プラチナ世代」の古江彩佳(富士通)も並ぶが、勝は同じ「黄金世代」で1打差3位の渋野日向子(サントリー)を意識。2人にとって初めてとなる最終R最終組対決を「楽しみ」と表現した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 首位をキープした勝は、自ら渋野の名前を出した。「明日は久しぶりにシブコと一緒なので笑顔で楽しみたいです」。確かに同組は、3月の明治安田生命レディスの第1R以来で、最終Rを最終組で優勝を争う展開は初めて。「お互いどういうプレーするか見るのも楽しみですし、ラウンド中に話すことも楽しみにしています」と声を弾ませた。

 勝いわく「私は同級生に対する仲間意識が強い」。だが、渋野は特別な存在のようで、その理由を「やっぱり、今年QTを受ける彼女がアメリカ女子ツアーに一番近いですし、私も来年には受けたいと思っています。だから、先に行って待っていてほしいです。彼女が頑張っていれば、私も頑張れる」とも言った。

 その上に今大会の2人は、ショット、パットともに絶好調。将来は世界最高峰の舞台で戦うことを願っているが、古江も含めてハイレベルな戦いになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集