[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山中慎介、“神の左”で打ち砕け ネリは決戦朝に体重57.7キロ プロモーターが公表

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦で、挑戦者の前王者・山中慎介(帝拳)と戦う王者ルイス・ネリ(メキシコ)は前日計量で重量超過により、戦わずして王座剥奪が決まった。2度目の計量もパスできず、憔悴した様子を見せていたお騒がせ男だが、プロモーターは決戦当日朝に体重を約3キロ戻し、57.7キロだったことを公表している。

雪辱戦に挑む山中慎介【写真:Getty Images】
雪辱戦に挑む山中慎介【写真:Getty Images】

王座剥奪のネリのプロモーターが当日朝の体重を公表…上限キープをアピール

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦で、挑戦者の前王者・山中慎介(帝拳)と戦う王者ルイス・ネリ(メキシコ)は前日計量で重量超過により、戦わずして王座剥奪が決まった。2度目の計量もパスできず、憔悴した様子を見せていたお騒がせ男だが、プロモーターは決戦当日朝に体重を約3キロ戻し、57.7キロだったことを公表している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ネリのプロモーター「サンフェル・ボックス」は1日午前10時過ぎに公式ツイッターを更新。前日、1度目と2度目の計量の間に1時間半で過酷な減量に挑んでいたが、体重が約3キロ戻ったことを報告している。

「1時間半から体重が戻った。ルイス・豹・ネリは今、127.3ポンド(57.7キロ)。ヤマナカ陣営から通告されていたリミットは128ポンド(58キロ)だ」

 すでに王座を剥奪されたネリだが、山中陣営から試合開催の条件として設定された上限内でキープしたことをアピール。減量苦を戦い抜いた山中も体重を戻してくるだろうが、調整過程を考えればハンデは否めない。

 前日行われた計量で山中は53.3キロでパス。一方、ネリは1度目で55.8キロで再計量に。2度目も54.8キロで規定の53.5キロをクリアできず、母国のファンから「彼の準備とプロ意識のあまりの酷さを物語っている」などと批難の声が上がっていた。

 対照的に雪辱戦のため、プロ意識を見せつけた山中は“神の左”を炸裂させられるか。日本中のファンが期待している。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集