[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、11回KOでワイルダー撃破 2人でダウン5度死闘に貫録「世界最強は俺だ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。昨年2月以来となる3度目の宿敵対決は、両者のダウンが計5度の死闘に。フューリーの連勝で2勝1分けとなり、ビッグマッチに決着をつけた。フューリーの戦績は31勝(22KO)1分け、ワイルダーは42勝(41KO)2敗1分け。

タイソン・フューリー(左)は11回KOでデオンテイ・ワイルダーを下し、初防衛に成功した【写真:AP】
タイソン・フューリー(左)は11回KOでデオンテイ・ワイルダーを下し、初防衛に成功した【写真:AP】

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。昨年2月以来となる3度目の宿敵対決は、両者のダウンが計5度の死闘に。フューリーの連勝で2勝1分けとなり、ビッグマッチに決着をつけた。フューリーの戦績は31勝(22KO)1分け、ワイルダーは42勝(41KO)2敗1分け。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 大観衆が集まった会場は熱気に包まれた。初回はワイルダーがジャブ、右ストレートをしつこくボディーに打ち込んだ。2回も2メートルを超える巨体同士がぶつかり合い、フューリーがクリンチする場面も。試合が動いたのは3回だ。フューリーの右フックがテンプルに着弾し、アッパーを交えた連打でダウンを先取した。仰向けに倒れるワイルダー。再開後もフューリーがロープ際に攻め立てたが、3回終了のゴングが鳴った。

 4回、今度はワイルダーの右拳が炸裂した。フューリーの頭を捉えてダウン。再開後も連打で2度目のダウンを奪ってみせた。フューリーが立ち上がり、再開されたところで4回終了のゴング。衝撃ダウンの応酬となり、ワイルダーは5回もたたみかけた。会場のファンは大熱狂。7回、今度はフューリーが連打を繰り出し、朦朧とするワイルダーを追撃しようと拳を振り続けた。

 8回、まだ余力のありそうなフューリーと限界が近づくワイルダー。フューリーのワンツーが炸裂したが、ワイルダーも伝家の宝刀・右ストレートを返してみせた。10回、フューリーの右がモロに顔面を捉えてダウンを奪ったが、ワイルダーは立ち上がる。ド迫力の死闘。再開後も死力を尽くして打ち合った。

 決着は11回だ。フューリーがロープ際でたたみかけ、右フックでダウンを奪ってとどめを刺した。ワイルダーはその場で力なく崩れ落ち、レフェリーが試合を止めた。

 試合後、フューリーはリング上でコメント。「俺はどんな戦いでも勝ってみせる。それだけだ。まずは神に感謝したい。この試合ができて感謝しかない。ワイルダーはタフガイ。とても強いパンチを当ててきた」と振り返り、こう続けた。

「歴史に残る3連戦を戦い抜いたから気持ちは特別なものがある。奴も本物の試合を見せた。だが、世界最強は俺だ。奴はどこまで頑張っても2番目。なぜなら、俺は彼を3度倒したんだ。もちろん、リスペクトの気持ちもなきにしもあらず。でも、彼を痛めつけることができた。歴史に残る夜になると願っている。母国の家族にも感謝したい。今夜ここにいられることを幸せに思う」

 初対戦の2018年は引き分け。昨年2月の第2戦はフューリーが7回TKO勝ちを収めた。今回は1年8か月ぶりのダイレクトリマッチ。8日(同9日)の前日計量では、フューリーが277ポンド(約125.8キロ)、ワイルダーが238ポンド(約108.1キロ)でともに過去最重量と米記者に報じられていた。

 ヘビー級では、WBAスーパー&IBF&WBOの3団体統一王者だったアンソニー・ジョシュア(英国)が、9月25日(同26日)に挑戦者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)に0-3の判定負け。ウシクが3つのベルトを保持している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集