[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子格闘技選手が生理による体調不良で試合中止 計量で失神寸前「すべて自分の責任」

米総合格闘技のMMAの計量で女子選手が失神状態になり、試合をキャンセルした。その様子を海外記者が紹介し、心配されていたが、本人は2日前から生理が始まり、コンディション不良だったことを説明。「すべて自分の責任です」と謝罪した。

前日計量に登場したアスペン・ラッド【写真:Getty Images】
前日計量に登場したアスペン・ラッド【写真:Getty Images】

MMA女子選手が前日計量で失神寸前、最後は服を脱いで計量に挑むも…

 米総合格闘技のMMAの計量で女子選手が失神状態になり、試合をキャンセルした。その様子を海外記者が紹介し、心配されていたが、本人は2日前から生理が始まり、コンディション不良だったことを説明。「すべて自分の責任です」と謝罪した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 2日(日本時間3日)のイベントに先立って1日(同2日)に行われた前日計量。バンタム級の試合に登場するアスペン・ラッド(米国)は、制限を5.5ポンド(約2.5キロ)超過する141.5ポンド(約64.1キロ)。服を脱ぎ、重量を減らして挑んだ2度目も137ポンド(約62.1キロ)だった。ラッドの足がふらつき、失神寸前の様子。なんとか一人で計量台に乗ったが、倒れそうになり、慌ててスタッフがフォローした。

 ラッドは2015年にプロで総合格闘技デビューし、UFC世界女子バンタム級ランク3位も経験。キャリア10戦9勝で、この試合は2019年12月以来だったが、結局、試合はキャンセルされた。

 その模様を取材していた海外記者が動画付きでツイッターで続々レポート。格闘技ファンの心配が集まっていたが、その後、本人がインスタグラムを更新した。「試合は中止。すべて私の責任です」と謝罪。その上で「2日前に生理が来て、散々な計量になってしまいました。メディアの前で出血するのは避けたくて、体重計の上では混乱していました」と明かし、生理によるコンディション不良があったようだ。

 投稿には「みんな理解しているよ」「復帰を楽しみにしています」「トライしたあなたをリスペクトする」「責めるのはやめて」「大丈夫そうでよかった」とラッドの体調を心配する声と公表を支持する声が相次いでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集