[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • エストニアの“美人すぎる旗手”の大逃げにネット騒然「美人すぎる人、逃げすぎた」

エストニアの“美人すぎる旗手”の大逃げにネット騒然「美人すぎる人、逃げすぎた」

平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が初代女王の座についた。チームパシュート(団体追い抜き)に続く大会2つ目の金メダル獲得で幕を閉じたが、開会式で“美人すぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)の“大逃げ”がツイッター上で盛り上がっている。

白熱のレース展開となった女子マススタート決勝【写真:Getty Images】
白熱のレース展開となった女子マススタート決勝【写真:Getty Images】

エストニアの旗手を務めたアルサルがマススタートで大逃げから4位入賞

 平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が初代女王の座についた。チームパシュート(団体追い抜き)に続く大会2つ目の金メダル獲得で幕を閉じたが、開会式で“美人すぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)の“大逃げ”がツイッター上で盛り上がっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 準決勝は“普通”のレースをしての7位から、決勝に進んだアルサル。黒と青のボディースーツに身を包んだエストニア美女は、実質レースがスタートする2周目で一気に加速した。後続をぐんぐん引き離し、“大逃げ”を打つ展開に持ち込んだ。

 後続がけん制し合う間に、悠々と一人旅を続けたアルサル。最大では半周以上のリードを奪い、ポイントの入る4周目、8周目、12周目を全てトップで通過し着実に得点を重ねていった。

 しかし13周目、スパートをかけた後続に追いつかれ、一気に飲み込まれた。最後の入線順は後方だったが、それでも獲得したポイントを生かして、4位入賞を果たした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー