[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • カーリング日本、延長戦で韓国に惜敗 決勝進出ならず 「テーハミング!」のアウェーで奮闘も

カーリング日本、延長戦で韓国に惜敗 決勝進出ならず 「テーハミング!」のアウェーで奮闘も

平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗。「テーハミング!(大韓民国)」コールが起こるアウェーの日韓戦で奮闘したが決勝進出ならず、24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦う。

カーリング女子日本代表【写真:Getty Images】
カーリング女子日本代表【写真:Getty Images】

準決勝の日韓戦、延長戦の3時間の死闘で決着

 平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗。「テーハミング!(大韓民国)」コールが起こるアウェーの日韓戦で奮闘したが決勝進出ならず、24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦う。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 日韓戦に相応しい大熱戦だった。主導権を握ったのは韓国。先行の第1エンドから3点を先制し、以降もスキップのキム・ウンジョンを中心にショットが冴えわたった。

 しかし、日本も譲らない。4-7で迎えた第9エンドで2点を返し、1点差。第10エンド、キム・ウンジョンの最終ショット、一度はガッツポーズが出たが、わずかにストーンが伸びるミス。ウイニングショットが一転、日本が1点をスチールし、崖っぷちから7-7の延長戦に突入したが、第11エンドで後攻の韓国が得点を奪い、勝負は決した。

 韓国は8勝1敗の快進撃で予選1位突破。キム・ウンジョンが「メガネ先輩」と愛称がつくなど、韓国国内で一躍、人気沸騰していた。一方、日本のスキップ・藤澤五月も「オルチャン(最高の顔)」の異名がつき、美人選手として脚光を浴び、韓国で大注目の中での日韓戦となった。

 日本は今大会で試合中に栄養補給する「もぐもぐタイム」が話題となり、この日も作戦会議しながらイチゴを食べている様子がSNS上で注目となっていた。エンドの間には「テーハミング!」コールが渦巻くアウェーの中で奮闘した。堂々たる戦いを見せ、ファンを熱くさせた。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー