[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワが泣いた日 重圧と闘った18歳の涙 海外感動の輪「君は史上最高だ」

メドベージェワが泣いた日 重圧と闘った18歳の涙 海外感動の輪「君は史上最高だ」

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダルに終わった。大本命の重圧、3か月前の故障、母国の出場問題を乗り越えた18歳は演技後に号泣。海外ファンも「泣かなくていい。君のプログラムが一番美しかった」「美しさ。感情表現。芸術性。君は、史上最高だ」「彼女が初めて泣いている姿を見た」と感動の輪が広がっている。

銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

大本命、故障、母国出場問題…女王が背負った重圧に反響続々「泣いている姿初めて見た」

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダルに終わった。大本命の重圧、3か月前の故障、母国の出場問題を乗り越えた18歳は演技後に号泣。海外ファンも「泣かなくていい。君のプログラムが一番美しかった」「美しさ。感情表現。芸術性。君は、史上最高だ」「彼女が初めて泣いている姿を見た」と感動の輪が広がっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 18歳が背負ってきた、あらゆる重圧から解き放たれたようだった。いつものように妖艶に「アンナ・カレーニナ」を演じ切ったメドベージェワ。渾身のポーズを決め、会場に喝采が降り注いだ瞬間だった。堰を切ったように涙をこぼした。もう、感情を抑えきれない。完全無欠だった女王が、何度も目元を押さえ、大歓声を浴び続けていた。

 米スポーツ専門局「NBC」ツイッターは「ピュアな感情。ピュアな芸術性。ピュアなメドベージェワ」とつづり、感動のシーンを伝えた。海外ファンも「泣かなくていい。君のプログラムが一番美しかったのだから」「あなたが表現してくれた溢れる感情は一生忘れない」「君のスケートに心を打たれた。私にとっての金メダリストだ」「何年間も彼女を追って見てきたけど、初めて泣いている姿を見た」「美しさ。感情表現。芸術性。君は、史上最高だ」などと感動と労いの声が投げかけていた。

 五輪シーズン、大本命として挑んでいたシーズンだった。世界選手権を連覇し、2年間、個人戦は全勝をひた走ってきた完全無欠の女王。今季もグランプリ(GP)シリーズを連勝し、圧倒的な存在感を発揮していた矢先、アクシデントが襲った。右足甲の骨折が判明。大会まで3か月を切り、2か月も公式戦から離れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー