[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボールが投げた位置より後ろに戻る 衝撃の“暴投”に米唖然「これは打てないね」

14日(日本時間15日)の米大リーグ、ロイヤルズ―アスレチックス戦での衝撃的な“暴投”が話題だ。左腕投手が投げた1球は真下にたたきつけ、地面で跳ねて自身よりも後ろへ……。実際の映像を現地メディアが投稿すると、米ファンには「これは打てない」「彼の後ろにいってるじゃないか」などと笑撃が走っている。

ロイヤルズのジェーク・ブレンツ【写真:AP】
ロイヤルズのジェーク・ブレンツ【写真:AP】

ロイヤルズ左腕まさかの1球が話題

 14日(日本時間15日)の米大リーグ、ロイヤルズ―アスレチックス戦での衝撃的な“暴投”が話題だ。左腕投手が投げた1球は真下にたたきつけ、地面で跳ねて自身よりも後ろへ……。実際の映像を現地メディアが投稿すると、米ファンには「これは打てない」「彼の後ろにいってるじゃないか」などと笑撃が走っている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 なかなか見られない“暴投”だ。6回無死、ロイヤルズの左腕ブレンツは、ボールをほぼ真下にたたきつけてしまった。三塁方向へ弾んだボールは、自身の位置よりも後ろへ戻ってしまった。

 走者はいなかったためただのボールとなったが、衝撃的な1球となった。米カリフォルニア地元放送局「NBCスポーツ・カリフォルニア」のアスレチックス専門ツイッターは「ゾーンからわずかに外れる」と冗談ぽく記して動画付きで投稿。またMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」公式ツイッターでも同様の動画に脚光を浴びせている。

 これらに米ファンが注目。「Wow ほぼ彼の後ろにいってるじゃないか」「エンジェル・ヘルナンデスならストライクのコールするね」「ゲーリー・サンチェスならこの球でも振りそう」「これは打てないシンカーだね」「粘着物質チェックを」「間違いなくストライク。本気でロボット審判の導入を」「う~ん。粘着物質つけ過ぎたかな??」「ちょっと内側に見える」などと様々な声が上がっている。

 ブレンツはこの後はぴしゃりと抑え、無失点に。試合は10-7でロイヤルズが勝利している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集