[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、自主隔離から“脱出”で「自由だな」 1か月ぶり国内復帰でイーブン発進

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。約1か月ぶりの国内戦になった渋野日向子(サントリー)は、4バーディー、4ボギーの72、イーブンパーで発進した。

4バーディー、4ボギーの72、イーブンパーで発進した渋野日向子【写真:Getty Images】
4バーディー、4ボギーの72、イーブンパーで発進した渋野日向子【写真:Getty Images】

中嶋常幸からの「ナイスバーディー」に「もっと、頑張ります」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。約1か月ぶりの国内戦になった渋野日向子(サントリー)は、4バーディー、4ボギーの72、イーブンパーで発進した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 最終9番パー5。渋野はピン左1メートル半のスライスラインを読み切り、バーディーでラウンドを終えた。見守った関係者からの拍手には会釈で対応。コースを設計監修した男子プロの中嶋常幸から「ナイスバーディー、元気だね」と声を掛けられると、「あっ、ありがとうございます。もっと、頑張ります」と恐縮しながら頭を下げた。

 会見では、反省点から口にした。「前半は良かったのですが、後半はショットの縦距離が合わず、パッティングもタッチが合わずでした。準備不足を感じます」

 無理もない。渋野は約3週前のAIG全英女子オープン出場に伴う自主隔離期間を今月7日まで過ごしていた。期間中は、主に岡山の実家で過ごし、今年に入って父が設置した「鳥かごみたいな」特製ネットに向かって打ち込みを重ねていた。しかし、パッティングはショートパットしか練習ができず、前日8日になって練習ラウンド1回。それだけでは、感覚を取り戻すことはできなかった。

 その一方で、「鳥かご練習」を脱し、試合で18ホールを回り切ったことを喜んだ。「『自由だな』と思いました。無観客だけど、静かだったけど、楽しんでできました」。第2Rに向けては、「天気も良くなってグリーン上は難しくなると思いますが、安全にプレーしながら、取れるところで取っていきたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集