[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、見極めつかない158km剛球+急落スプリットの合成映像に反響「アンフェアだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場している。前日は投手として先発し、7回7安打2失点で9勝目をマーク。この試合で投じた直球とスプリットの見極めの難しさを、米国の投球分析家が合成映像で紹介。ファンからは「これをどうやったら打てると思う?」などと驚きの声があがっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

3日のレンジャーズ戦で9勝目をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場している。前日は投手として先発し、7回7安打2失点で9勝目をマーク。この試合で投じた直球とスプリットの見極めの難しさを、米国の投球分析家が合成映像で紹介。ファンからは「これをどうやったら打てると思う?」などと驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 3日(同4日)の試合では100マイル(約161キロ)の剛球などを投じ、2ケタ勝利に王手をかけた大谷。高めに伸びる速球と、落ちるボールの見分けの難しさが合成映像で表現されている。途中まで同じような軌道ながら、スプリットは急落。速球が高めいっぱいに決まっているのに対し、低めのボールゾーンまで落ちている。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏ツイッターは、自身のツイッターに実際の映像を公開。「ショウヘイ・オオタニ、88マイル(約141.6キロ)のスプリットと98マイル(約157.7キロ)の直球の合成」と文面で紹介した。

 米ファンからは「これをどうやったら打てると思う?」「Wow!」「ただただアンフェアだ」などとコメントが書き込まれたほか、日本のファンからも「落差エグい」「ピッタリ重なってるの感動」「ヤマはって外れたら終わり」と驚きの声があがっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集