[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ツアーで珍事 パターでの“バンカーショット”に騒然「こんなの見たことない」

米国男子ゴルフツアーBMW選手権は28日(日本時間29日)、第3日が行われた。珍しい“バンカーショット”が話題を呼んでいる。ガードバンカーからパターで“リカバリー”。見事にグリーンオンさせる実際の映像をPGAツアーの公式SNSが投稿している。

ライアン・パーマー【写真:AP】
ライアン・パーマー【写真:AP】

BMW選手権、第2ラウンドでパーマーが披露

 米国男子ゴルフツアーBMW選手権は28日(日本時間29日)、第3日が行われた。珍しい“バンカーショット”が話題を呼んでいる。ガードバンカーからパターで“リカバリー”。見事にグリーンオンさせる実際の映像をPGAツアーの公式SNSが投稿している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 規格外の発想だ。第2ラウンドの最終ホールだった。グリーン脇のガードバンカーに入れてしまったライアン・パーマー(米国)。第3打を打つために選んだクラブはなんとパターだった。砂の上でパターを振ると、勢いよく打ち出されたボールはバンカーのへりを駆け上がり、グリーンオン。ピンをオーバーしたが、約3メートルに寄せた。

 珍しいパターでの“バンカーショット”にPGAツアーが注目。「これは保存:ツアーではめったに見られない」と文面に記して実際の映像を投稿すると、米ファンからは「面白い」「こんなこと思いつきもしない」「オーマイガー」「正しい選択だったね」「これが出来るのはレジェンドだけ」「なんでこんなことを? 全ウェッジが壊れてたとか?」「トラップからのこんなショットもパットも見たことない」と驚きが広がっている。

 現地メディアの報道によると、ウェッジが使えないなどの理由があったわけではなく、あくまで最善を求めた本人の選択だったようだ。

 パーマーはこのホールはパーパットを決められずボギーに終わったが、斬新な発想が注目を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集