[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、涙の連覇に海外ファン感動の嵐「歴史ではなく伝説」「本当に泣いている」

羽生結弦、涙の連覇に海外ファン感動の嵐「歴史ではなく伝説」「本当に泣いている」

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。オリンピック史に刻まれる金字塔に対し、「歴史ではなく伝説」「鳥肌が止まらない」と感動が広がっている。

金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】
金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】

66年ぶりの五輪連覇、海外ファンも感動「ただの歴史ではなく、伝説」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。オリンピック史に刻まれる金字塔に対し、「歴史ではなく伝説」「鳥肌が止まらない」と感動が広がっている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 「SEIMEI」の幽玄な調べに身を任せた羽生は、気魄をみなぎらせた。冒頭の4回転サルコーを決めると、王者は江陵アイスアリーナの支配者となった。痛めていたはずの右足で必死に耐え、ジャンプで転倒することはなかった。演技を締めくくると、右手でガッツポーツ。氷に向かって魂の咆哮を繰り返した。

 そして、宇野昌磨(トヨタ自動車)の銀メダル、そして、日本のフィギュア史上初のダブル表彰台とともに、自身の金メダル確定を知ると、歓喜の号泣。偉業を果たした。世界のフィギュアファンもツイッター上で称賛の嵐。「YUZURU HANYU」のワードは、一気にトレンドランクを駆け上がった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー