[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、韓国で検索ワード急上昇ランク1位に ネット席巻「なぜ天才か分かった」

韓国紙も100点超4人の頂上決戦に注目「鳥肌ものの男子シングルSP」

 韓国メディアも白熱のSPに注目。地元紙「MKスポーツ」は「羽生結弦を筆頭に100点台が4名…鳥肌ものの男子シングルショートプログラム」と特集し、100点超が4人も飛び出したハイレベルな頂上決戦に脚光を当てている。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 羽生に加え、2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は107.58点、3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は104.17点、4位のボーヤン・ジン(中国)は103.32点が大台を超え、5位のドミトリー・アリエフ(ORA)も98.98点と肉薄している。

 記事では66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生について「調の滑り出しだ。個人戦に集中した羽生は5組の1番目に登場した。そして、完璧な演技を繰り広げ、30選手で最高の111.68点を記録した。4年前のソチ大会より10.23点高かった」と称賛。五輪SP史上最高点を叩き出した羽生は、前回ソチ大会よりスコアを大きく伸ばしたことも伝えている。

 一方、17位に終わったライバル、ネイサン・チェン(米国)については「プレッシャーに負けたのかミスが続いた。82.27点に終わった」と報じている。開催地のフィギュアファンも魅了した羽生。17日のフリーで羽生伝説はクライマックスを迎える。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集