[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生、衝撃の復活首位! 66年ぶり連覇へ完璧発進 宇野3位、チェン17位の大波乱

羽生、衝撃の復活首位! 66年ぶり連覇へ完璧発進 宇野3位、チェン17位の大波乱

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は25番目に登場し、111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で、完璧な演技を披露し、首位発進となった。日本勢は宇野昌磨(トヨタ自動車)は104.17点で3位、田中刑事(倉敷芸術科学大学大学院)は80.05点で20位。2位は107.58点をマークしたハビエル・フェルナンデス(スペイン)。金メダル候補のネイサン・チェン(米国)はミスを連発して17位に沈み、大波乱の展開となった。

SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】
SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】

男子シングルSP、羽生が118日ぶりの復帰戦で111.68点マークに笑顔

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は25番目に登場し、111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で、完璧な演技を披露し、首位発進となった。日本勢は宇野昌磨(トヨタ自動車)は104.17点で3位、田中刑事(倉敷芸術科学大学大学院)は80.05点で20位。2位は107.58点をマークしたハビエル・フェルナンデス(スペイン)。金メダル候補のネイサン・チェン(米国)はミスを連発して17位に沈み、大波乱の展開となった。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 羽生がついに帰ってきた。昨年10月21日のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯以来、118日ぶりの公式戦。最終第5組。6分間練習で姿を現すだけで無数の日の丸が揺れ、会場に割れんばかりの大歓声が降り注いだ。そして、迎えた運命の瞬間。ショパンの「バラード第1番」の美しい調べに合わせ、午後1時47分、まっさらなリンクを舞い、衝撃が訪れた。

 冒頭、予定していた4回転ループはサルコーに変え、見事に着氷。中盤は美しいスピン、ステップを披露し、得意のトリプルアクセルも成功させると、4回転―3回転の連続ジャンプも完璧に決めた。滑り切ると場内から熱狂が生まれ、無数のくまのプーさんが客席から降り注いだ。羽生の顔に笑みがこぼれた。

 苦難の道のりを乗り越えた。昨年11月のGPシリーズNHK杯前日練習で4回転ジャンプに着氷した際に転倒。右足首の靱帯を痛め、戦列を離れた。故障直後には世界のスケーターにエールの輪が広がり、SNS上で続々と声が上がった。以来、公の場から姿を消し、リハビリに専念。GPファイナル、全日本選手権を回避し、今大会も団体戦も出場せず、すべてこの日に捧げてきた。

 その一挙手一投足を世界が注目した。11日に現地入りした際には、空港で複数の警備員に取り囲まれ、まるで国賓のような待遇が話題を呼んだ。それもすべて1952年に米国のディック・バトン氏が達成して以来、半世紀をゆうに超える快挙を目指す王者の注目度の高さの裏返しだった。そんな注目も力に変える強さが、完全無欠の王者にはあった。

 17日に行われるフリーで、羽生結弦は真の伝説になる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー