[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

出場危機ジャマイカに救いの神 ビール会社がソリ支援に名乗り「代金つけておいて」

平昌五輪でジャマイカ史上初参戦となるボブスレー女子チームはドイツ人コーチが電撃辞任する内紛状態に陥り、使用予定だったコーチの私物のソリは返却を求められ、出場危機に直面していたが、救いの神が登場。「ソリが必要なら(代金を)つけておいて欲しい」と支援に名乗り出たことで、海外で大きな話題となっている。

出場危機に直面するボブスレーのジャマイカ代表【写真:Getty Images】
出場危機に直面するボブスレーのジャマイカ代表【写真:Getty Images】

ボブスレー女子代表、母国発祥会社がSNSで名乗り、チーム公式も返信「連絡先教えて」

 平昌五輪でジャマイカ史上初参戦となるボブスレー女子チームはドイツ人コーチが電撃辞任する内紛状態に陥り、使用予定だったコーチの私物のソリは返却を求められ、出場危機に直面していたが、救いの神が登場。「ソリが必要なら(代金を)つけておいて欲しい」と支援に名乗り出たことで、海外で大きな話題となっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 1988年にカルガリー五輪で初参戦したジャマイカのボブスレー男子4人乗りチームは映画化され、「クールランニング」として世界的な人気を馳せた。今大会は女子チームがジャマイカ史上初参戦することになり、注目を集めていたが、突如、危機的状況に陥った。

 英公共放送BBCによると、ジャマイカ代表を指導していた06年トリノ五輪王者サンドラ・キリアシスコーチが退任を発表した。本人はこう語ったという。

「私はこれまでの人生でこのスポーツにおいて、ここまでの落胆をしたことはなかった。選手たちはなぜこんなことが起きたのか分からないと言っていた。自分との関係に問題もなかった。我々はいい関係を築いていたのに」

 当初、運転コーチだったが、パフォーマンスアナリストに配置換えとなり、選手とのアクセス権を失い、キリシアスコーチはこの措置に激怒し、退任。契約違約金とともに今大会で使用予定だった私物のソリ回収を求めているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集