[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 平野歩夢VSホワイト、“最も近づいた男”が見た風景「どちちが優勝しても…」

平野歩夢VSホワイト、“最も近づいた男”が見た風景「どちちが優勝しても…」

平昌五輪はスノーボード男子ハーフパイプ決勝でショーン・ホワイト(米国)が97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得。95.25点をマークした平野歩夢(木下グループ)を最終試技で逆転した。ともに連続4回転という五輪史上初の大技を成功させる世紀の名勝負となったが、2人に最も近づいた銅メダリスト、スコッティ・ジェームス(オーストラリア)は「どちらが優勝してもおかしくなかった」と称賛したという。米地元紙「ワシントン・ポスト」が報じている。

銀メダルを獲得した平野歩夢(左)と金のショーン・ホワイト(中央)、銅のスコッティ・ジェームス(右)【写真:Getty Images】
銀メダルを獲得した平野歩夢(左)と金のショーン・ホワイト(中央)、銅のスコッティ・ジェームス(右)【写真:Getty Images】

銅メダリストが“世紀の名勝負”を称賛「どちらが優勝してもおかしくなかった」

 平昌五輪はスノーボード男子ハーフパイプ決勝でショーン・ホワイト(米国)が97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得。95.25点をマークした平野歩夢(木下グループ)を最終試技で逆転した。ともに連続4回転という五輪史上初の大技を成功させる世紀の名勝負となったが、2人に最も近づいた銅メダリスト、スコッティ・ジェームス(オーストラリア)は「どちらが優勝してもおかしくなかった」と称賛したという。米地元紙「ワシントン・ポスト」が報じている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 金と銀――。「2.25」というスコアが平野とホワイトの運命を分けたが、ともに死力を尽くし、2人と表彰台に立った実力者は、その差はなかったと感じているという。

 92.00点で銅メダルに輝いたジェームスは「(金メダルは)どちらの手にも渡る可能性はあった」と語ったという。記事では「ジェームスはこの日(試合翌日)ですら、ホワイトが最終ランでヒラノより高いスコアに相応しかったのか、不透明な発言をしている」と報じている。

 さらに、23歳のジェームスは平野、ホワイトとのライバル関係についても言及し、こう証言したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー