[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、団体戦で悲願のメダルならず 坂本の奮闘及ばず、2大会連続の4位以下が確定

日本、団体戦で悲願のメダルならず 坂本の奮闘及ばず、2大会連続の4位以下が確定

平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーで2種目を終えて5位の日本は坂本花織(シスメックス)は131.91点。先に演技し、3位・米国の長洲未来の得点を上回れず、1種目を残し、この時点で4位以下が決まった。新種目となった前回ソチ大会に続き、メダル獲得を逃し、悲願は叶わなかった。

坂本花織【写真:Getty Images】
坂本花織【写真:Getty Images】

残り2種目、3位につけていた米国を下回り、メダル圏内に届かず

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーで2種目を終えて5位の日本は坂本花織(シスメックス)は131.91点。先に演技し、3位・米国の長洲未来の得点を上回れず、1種目を残し、この時点で4位以下が決まった。新種目となった前回ソチ大会に続き、メダル獲得を逃し、悲願は叶わなかった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この日最初の男子フリーを終えた時点で、55点の1位カナダ、48点の2位OARと得点差が開き、3位以下が確定していた日本。残り2種目で44点の米国とは6点差があり、少なくとも女子フリーで米国を上回る必要があった。しかし、最初に登場した長洲の137.53点を、2番手の坂本が上回れなかった。

 フィギュアスケートの団体戦は前回ソチ大会から導入。当時は5位に終わり、2度目の挑戦で悲願のメダル獲得を目指していた。右足首の故障の影響で羽生結弦(ANA)が出場を回避した日本は、ショートプログラム(SP)で男子シングルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が1位を獲得するなど、奮闘していた。

 団体戦でのメダル獲得こそ逃したが、それぞれ個人戦で表彰台を狙う。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー