[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が思わず固まる 疑惑のストライク判定に米記者苦言「3つの判定も覆された」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。3打数無安打3三振で、3戦ぶりのノーヒットだった。この試合は球審の厳しいストライク判定に思わず固まる場面も。米記者は、ファンがSNS上に投稿した投球チャート図に反応。審判に苦言を呈している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

中継映像のゾーン外側の球がストライクに…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。3打数無安打3三振で、3戦ぶりのノーヒットだった。この試合は球審の厳しいストライク判定に思わず固まる場面も。米記者は、ファンがSNS上に投稿した投球チャート図に反応。審判に苦言を呈している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 厳しい判定を受けた。7回、大谷はカウント1ボールから、外角の投球を見送った。中継画面に表示されたストライクゾーンからは完全に外れた球だったが、判定はストライク。これには大谷も、打席の中で一瞬固まってしまった。4球目も同様のボールをストライクと判定され、納得いかない様子で右手を腰に当てていた。

 これに疑問を抱いた米ファンは、2球目、4球目がボールゾーンに投じられている投球チャート図をツイッターに公開。すると、米放送局「NLFネットワーク」のアダム・ランク記者がこのように反応している。

「オークランドの審判は良い1日を過ごした。3つの(そもそも)酷く明らかだった判定が(正しいものに)覆された。しかし(7回に登板した相手投手の)セルヒオ・ロモにオオタニを判定する機会を与えるなら、それも致し方がない」

 この日はエンゼルスのフレッチャーの盗塁がアウト判定から覆るなど、6回までに両軍合わせて3度のチャレンジがあり、いずれも成功していた。ランク記者も、この日の判定には思うところがあったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集