[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の爽やかな光景 検査に嫌な顔一つしない姿に米ファンも熱視線「彼は完璧だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。6回を投げて、3安打無失点も5勝目はならなかった。3回のマウンドを終え、審判から粘着物質チェックを受ける映像を米記者が公開。「彼はスマイルをして審判の背中をポンポンと叩いた」とやり取りを伝えると、米ファンからは「彼はパーフェクトだ」と反響を集めている。

審判から粘着物質チェックを受けるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
審判から粘着物質チェックを受けるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦に「2番・投手」で先発し、6回3安打無失点の力投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。6回を投げて、3安打無失点も5勝目はならなかった。3回のマウンドを終え、審判から粘着物質チェックを受ける映像を米記者が公開。「彼はスマイルをして審判の背中をポンポンと叩いた」とやり取りを伝えると、米ファンからは「彼はパーフェクトだ」と反響を集めている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 嫌な顔一つしなかった。3回を無失点に抑えた大谷。ベンチに戻る前、審判から粘着物質チェックを受けている。グラブをとり、帽子を渡しているが、問題なしと判断された。言葉を交わし、ニコっと微笑むと、審判の背中にポンと手をやってベンチに戻った。

 不正投球の取り締まり強化のため、6月から始まった同検査。実際の映像を米地元放送局「KGO-TV」でリポーターを務めるディオン・リム氏がツイッターに公開。米地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」のジェシカ・クラインスミット記者も自身のツイッターで「検査後、彼はスマイルをして審判の背中をポンポンと叩いた」などと伝えた。

 以前の登板でも、爽やかに粘着物質検査を受けていた大谷。米ファンからは「この男が大好きだ」「彼は愛しい人」「グッドボーイ」「彼はパーフェクトだ」「文字通りエンジェル」「アンビリバボー」「彼を尊敬している」などと熱視線が浴びせられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集