[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1ドライバーがレース後に善行 大量のごみ収集に海外称賛「一流」「真の紳士だね」

自動車のF1第10戦イギリスグランプリ(GP)は18日、シルバーストーン・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)はマシンのトラブルにより40周目にリタイアした。レース後、ベッテルが会場に残された大量のゴミを集める映像をF1が公開。海外ファンから「真の紳士だ」などと称賛されている。

セバスチャン・ベッテル【写真:AP】
セバスチャン・ベッテル【写真:AP】

イギリスGP終了後にファンと清掃

 自動車のF1第10戦イギリスグランプリ(GP)は18日、シルバーストーン・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)はマシンのトラブルにより40周目にリタイアした。レース後、ベッテルが会場に残された大量のゴミを集める映像をF1が公開。海外ファンから「真の紳士だ」などと称賛されている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 経験豊富な34歳が、自ら会場清掃に取り組んだ。緑色のチームTシャツを着て、マスクをつけたベッテル。パンパンになったゴミ袋を両手に2つずつ持って、関係者とともに階段を降りてきた。周りからは「フォー!」と歓声が浴びせられている。

 実際の映像をF1公式ツイッターが「タフなレースの後、セバスチャン・ベッテルは、ファンと一緒にシルバーストーン・サーキットの掃除を手伝った」と文面につづって公開。海外ファンからは「なんという男だ」「最高の性格とハートの持ち主」「真のジェントルマンだね」「一流の振舞い」「ワンダフル」「これを機に観客はゴミについて気にするべきだ」とコメントが寄せられている。

 また、F1公式サイトは「イギリスGPでリタイアしたセバスチャン・ベッテルがシルバーストーンでゴミ拾いを手伝う」との見出しで記事を掲載。ベッテルが「未来の地球を守るため人々の意識を高め、様々なプロジェクトを進めている」と紹介し、「日曜はレースの40周目でリタイアした後に、14万人が残したゴミを何時間もかけて掃除した」と報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集