[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃186kmの弾丸二塁打! 走者憤死も米記者反応「煙が出る」「速度!!!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。第2打席で打球速度115.9マイル(約186.52キロ)の“超速二塁打”を放った。打球が速すぎたこともあり、本塁を狙った一塁走者が憤死した実際の映像を米記者が公開。「煙の出るような打球」「ハハハ、ワオ」と驚きをSNSにつづっていた。

第2打席で二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席で二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦で凄まじい二塁打を放つ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。第2打席で打球速度115.9マイル(約186.52キロ)の“超速二塁打”を放った。打球が速すぎたこともあり、本塁を狙った一塁走者が憤死した実際の映像を米記者が公開。「煙の出るような打球」「ハハハ、ワオ」と驚きをSNSにつづっていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 凄い打球だ。3回2死一塁の第2打席。大谷が相手左腕アービンの91マイル(約146.45キロ)をとらえた。強烈な打球はセンターへ。中堅手の左をあっという間に抜け、フェンスに到達した。一塁走者フレッチャーは懸命にホームを狙ったが、アスレチックスの良い中継プレーもあって憤死。大谷に打点はつかなかった。

 打球速度115.9マイルという凄まじい打球の映像を、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏が自身のツイッターに公開。「オオタニのバットから115.9マイルの打球。ハハハ、ワオ」と驚きを記した。

 またMLB公式サイトでアスレチックス番を務めるマーティン・ガレゴス記者は「オオタニが煙の出るような二塁打を放ったが、ラウレアーノの力強い送球で、フレッチャーはホームに生還することはできなかった」とツイート。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「二塁打でフレッチャーが生還を試みたがアウト。しかし、オオタニの打球速度は115.9マイル(!!!)」と伝えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集