[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、躍動感あふれるアウトロー153kmで奪三振 米記者が称賛「完璧な立ち上がり」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。初回は先頭打者から直球で三振を奪うなど、三者凡退の立ち上がりとなった。外角低めいっぱいの95マイル(約153キロ)で空振り三振を奪うシーンなどを、米記者が動画で公開。「完璧な立ち上がり」「驚異的な投球」と初回の投球を伝えている。

アスレチックス戦に「2番・投手」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アスレチックス戦に「2番・投手」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦に「2番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、アスレチックス戦に「2番・投手」で先発。初回は先頭打者から直球で三振を奪うなど、三者凡退の立ち上がりとなった。外角低めいっぱいの95マイル(約153キロ)で空振り三振を奪うシーンなどを、米記者が動画で公開。「完璧な立ち上がり」「驚異的な投球」と初回の投球を伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 上々の立ち上がりだ。大谷は初回、先頭の右打者マーク・キャンハを追い込むと、最後はアウトローいっぱいの速球を投げ込んだ。画面に表示されたストライクゾーンの隅への95マイルで、キャンハは空振り三振。マウンド上の大谷は躍動感十分に跳ねた。続く2者も抑え、3人で初回の投球を終えた。

 実際の投球映像を、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「三者凡退に抑えたショウヘイ・オオタニ。かなり驚異的な投球だった」と速報した。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者も自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは完璧な立ち上がりだった。直球は(最速)97.5マイル(約157キロ)を記録し、彼にとって本当に良い初回だった(初回は走者を置く場合が多い)」と伝えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集