[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バドミントン】「世界はそんなに甘くない」― タカマツペア、準Vからの再出発誓う

バドミントンの「タカマツペア」こと高橋礼華・松友美佐紀(日本)組は25日、東京体育館で行われた「ヨネックスオープン・ジャパン2016」女子ダブルス決勝でクリスティナ・ペダセン、カミラ・リター・ユールのデンマークペアに1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。

20160925_takamatsupair2

五輪決勝カードの再現となったヨネックスOP、2大会ぶりV逃す

 バドミントンの「タカマツペア」こと高橋礼華・松友美佐紀(日本)組は25日、東京体育館で行われた「ヨネックスオープン・ジャパン2016」女子ダブルス決勝でクリスティナ・ペダセン、カミラ・リター・ユールのデンマークペアに1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。リオ五輪決勝で破った相手にリベンジを許す結果となったが、高橋は「練習していないなりのプレーは出せていた」と話し、リスタートに向けて前を向いた。

「疲れました……その一言です。試合前は久々に世界のトップの銀メダリストとやるということで、もっとボコボコにされるのかな、怖いという感情がありました」

 高橋は決勝後の会見でこう語った。

 五輪後に休養をとったことなども影響し、十分な練習時間を確保できないまま挑んだ大会。3試合連続ストレート勝ちで決勝まで勝ち上がったが、この日は第1ゲームこそ終盤の4連続ポイントで21-19と取ったものの、第2ゲームは競った展開から18-21で落とし、最終第3ゲームは徐々に差を広げられ、12-21で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集