[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「完璧なリアクション」 審判も笑顔にする振る舞いに米メディアも称賛

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振と力投した。初めての粘着物質チェックも受けたが、爽やかな笑顔で審判団とやり取りする実際の映像を米メディアが公開。「完璧なリアクションだった」「周りに虹がかかった」などと称賛されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

今季初の粘着物質チェックのシーンに米メディアも脚光「オオタニは違った」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振と力投した。初めての粘着物質チェックも受けたが、爽やかな笑顔で審判団とやり取りする実際の映像を米メディアが公開。「完璧なリアクションだった」「周りに虹がかかった」などと称賛されている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 検査にも“大谷らしく”答えた。マウンドからベンチへ戻ろうとするところ、粘着物質チェックのため審判が近寄ってきた。目的を悟った二刀流は、「おお!」と口を開き、自ら帽子とグラブを差し出す。着用しているベルトの前も外し、裏側を見せた。審判とやり取りし、互いに笑顔になる場面も。なんとも爽やかに、初の検査を終えた。

 米紙「ニューヨークポスト」は「粘着物質検査にショウヘイ・オオタニは笑う」と題した記事で「二刀流選手はリーグの他の投手たちとは異なった反応を見せた」と脚光。「検査を受けるオオタニの周りには輝いて虹がかかっているようだった。日本人投手はスマイルを見せて笑っていた。何もないことが認められ、ダグアウトに戻っていった」と称賛した。

 また、カリフォルニア地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」も「ジャイアンツ戦でショウヘイ・オオタニが粘着物質検査を受けたが、完璧なリアクションだった」との見出しで記事を掲載。「MLBの粘着物質に関する新ルールは波紋を呼んでいる。マックス・シャーザーやセルジオ・ロモは不快感を露わにしていた。しかし、ショウヘイ・オオタニは違った」「ただただ完璧だった」と報じている。

 6回を1失点に抑える力投を見せたものの、4勝目はならず。それでも防御率は2.58になるなど好調を維持している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集