[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“激アツ”100m五輪争いに心境様々 山縣「凄い緊張」ケンブリッジ「不安は意味ない」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。史上最もハイレベルな争いが期待される男子100メートルの主な選手5人が会見。それぞれが明かした様々な心境を紹介する。予選、準決勝は24日、決勝は25日。

山縣亮太【写真:奥井隆史】
山縣亮太【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権が24日開幕

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。史上最もハイレベルな争いが期待される男子100メートルの主な選手5人が会見。それぞれが明かした様々な心境を紹介する。予選、準決勝は24日、決勝は25日。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣亮太(セイコー)、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴、同10秒01の多田修平(ともに住友電工)、同10秒03のケンブリッジ飛鳥(NIKE)が名を連ねた。

 参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内に入れば内定。すでに山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済みのため、3位以内で即内定する。ケンブリッジは昨年8月に自己ベスト10秒03をマークしたが、世界陸連の定めた対象期間外。今大会で再び切った上で3位以内に入らなければならない。

“激アツ”の男子100メートル。気持ちが高ぶらせたり、冷静さを貫いたり、選手たちは千差万別の想いを語った。

 山縣「一発勝負で全てが決まるので凄い緊張感を持っています。凄く不安な気持ちとワクワクした気持ちと複雑です。日本選手権に向けた課題として、もっとこう走りたいというのが布勢スプリントの直後からあった。記録を出したのは嬉しかったけど、気持ちの面では特に(燃え尽きることは)なかったですね。

 勝負を分けるポイントは自分のレースができるかどうか。一本、最後に全力でいく気持ちがあれば行けると思います。(日本記録保持者になっても)チャレンジャーであることに変わりはない。調子はその日で変わるので、今の自分にとって必要な技術、課題がいつも同じと限らない。大舞台であろうが、小さい試合だろうが、今の自分の状態と向き合って適切な課題を探して一つ一つクリアしていくことだと思います」

 桐生「明日は予選、準決勝があるので、鳥取(布勢スプリント)で感じた走りを確認するためにもしっかり走りたいと思います。(右アキレス腱痛は)完全には治っていない状況。痛みをとることだけを最優先にやってきました。走り込みはできていない状態ですけど、とりあえず明日、明後日の3本をやって、しっかりと結果を残していきたい。

 走りに関しては技術が上がっているので、どんな状況でも同じようなタイムで走れるようになっている。そこでベストに繋がる走りをしていこうと思います。リオ五輪前の日本選手権をどのような気持ちで臨んだか覚えていないけど、明日もいつも通り緊張してそこから準決勝、決勝があると思います。(山縣が日本記録を出したが)明日からその選手と戦う。それに関することについては、今は答えたくないです」

 小池「しっかり調子も上がってきている。出る以上は優勝を目指して頑張ろうと思います。感覚的なところですが、ウェートトレーニングの重量をかなり重くしてきた。2、3回ギリギリ上がるほぼMAXの重さ。走りの感覚を全体的に見直しました。100メートルは自分の感覚的に納得するレースがここ2年くらい1本もない。自己採点的な意味合いで大事に走ろうと思います。200メートルのことは100メートルが終わった後に考えます(笑)」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集