[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥攻略の鍵はあるか ドネアが感じた2年前からの進化「今の方が強くなっている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。試合会場で観戦したWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)は井上攻略の鍵を披露している。米メディア「ファイトハイプ」公式YouTube内で語っている。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

リングサイドで感じた井上の強さ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。試合会場で観戦したWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)は井上攻略の鍵を披露している。米メディア「ファイトハイプ」公式YouTube内で語っている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 圧勝劇をリングサイドで見つめた。井上は2回2分過ぎに左ボディーでダウンを奪う。そして、3回残り40秒頃に再び左ボディーが炸裂させると、ダスマリナスは悶絶した。なんとか立ち上がったが、再開直後も左ボディーを打ち込み、試合を終わらせた。

 試合後には笑顔で井上を称えていたドネアは「自分もあのショットを以前受けているんだ。どれだけ痛いのかわかっている」と振り返っている。

 2019年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上に判定負けを喫したドネアは、11回に井上の左ボディショットに被弾。百戦錬磨の男も堪え切れず、この試合唯一のダウンを喫した。モンスターのボディの恐ろしさは身をもって知っている。

 一方で、圧倒的な強さを見せた井上に対して、リベンジするための鍵は存在すると語る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集