[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、低め拾った技あり23号弾 6戦6発に米記者唖然「信じられない」「不条理だ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でシーズン自己最多となる23号2ランを放った。メジャートップタイの一撃に、米記者から称賛の嵐が起きている。

第3打席で23号2ランを放ち、ベンチで祝福を受けるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席で23号2ランを放ち、ベンチで祝福を受けるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ここ6試合で6本目、メジャートップタイ23号

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でシーズン自己最多となる23号2ランを放った。メジャートップタイの一撃に、米記者から称賛の嵐が起きている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こんなボールを打たれたら投手は辛い。2点を追う5回1死二塁で迎えた第3打席だ。大谷は右腕マイズの低めぎりぎりに沈む85マイル(約137キロ)を巧く拾って、バットに乗せた。舞い上がった打球はバックスクリーンへ。大谷は右手を突き上げ、雄叫び。3戦連発。そして6戦で6発と驚異的なペースで本塁打を量産。23号弾で両リーグトップに並んだ。

 快音が止まらない大谷に対し、ツイッター上の米記者も沸いている。米スポーツ専門局「ESPN」のジェフ・パッサン記者は「オオタニは不条理だ」と驚き、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「信じられない。ショウヘイ・オオタニがまたもや本塁打を打った。今回はセンターへの2ラン。今季23本目で、6試合で6本打っている」と量産体制に入った大谷に拍手を送るしかない。

 米紙「ワシントン・ポスト」のチェルシー・ジェーンズ記者も「ショウヘイ・オオタニが今季23本目。ただただ信じられない才能だ」と唖然とした様子だった。

 大谷は4打数1安打2打点。しかしチームは延長の末、3-5で敗れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集