[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「彼がいなければ失点増えている」 元日本代表はなぜ16位に沈む仙台GKを絶賛するのか

川崎フロンターレの独走ムードが漂っている2021シーズンのJリーグだが、チームの成績が振るわなくとも好パフォーマンスを見せている選手がいる。それが、ベガルタ仙台のGKヤクブ・スウォビィクだ。

ベガルタ仙台のGKヤクブ・スウォビィク【写真:Getty Images】
ベガルタ仙台のGKヤクブ・スウォビィク【写真:Getty Images】

第15節の大分戦のコースが読みにくいヘディングシュートへの対応を絶賛

 川崎フロンターレの独走ムードが漂っている2021シーズンのJリーグだが、チームの成績が振るわなくとも好パフォーマンスを見せている選手がいる。それが、ベガルタ仙台のGKヤクブ・スウォビィクだ。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 元日本代表守護神として世界を相手に日本のゴールマウスを守ってきた楢崎正剛氏は、「彼のパフォーマンス抜きに今の仙台を語ることはできません」と注目している。具体的にスウォビィク選手のどのプレーから、それを感じたのか。THE ANSWERのインタビューで語った。

 ◇ ◇ ◇

 楢崎氏が挙げたのは、5月22日の第15節・大分トリニータ戦(2-1)の後半アディショナルタイムに見せたセーブだった。MF下田北斗が右サイドから上げたクロスをFW長沢駿が得意のヘディングシュートで狙う。GKから見て右の際どいコースへ飛んだシュートだったが、スウォビィクはバウンドに合わせるように飛んで右手一本でセーブした。

「あの位置からクロスを上げられた場合、まずはボールを奪いにいくことを考えます。だからクロスを上げられた瞬間のコースと軌道で最初の判断が必要になり、ゴール前の選手のシュートに対して準備するだけではありません。そのシュートもタイミングを合わせにくいヘディングシュートでしたが、正しいポジショニングからお手本のようなセービングでゴールを守りました」

 また、インスイングでゴールに向かってくるクロスであれば、誰も触らずにファーサイドにボールが吸い込まれることも考えられる。クロスに対して長沢が強くミートする可能性もあり、その時はスウォビィクから見て左へシュートが飛んでくるかもしれない。そういったいくつかの可能性を考慮し、難しい判断を迫られながらポジションを取った。

「決して簡単な対応ではありませんでしたが、スウォビィク選手は順序に従って正しい動作を行い、ヘディングシュートというコースを読みにくいシュートにしっかり反応しました。後半アディショナルタイムというプレッシャーがかかる時間帯だったにもかかわらず平常心でプレーできていることも素晴らしい。チームは開幕からなかなか結果を出せず苦しい状況にある中で、勝ち点3をもたらすという意味で価値のあるワンプレーでした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集