[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「もっと歩かせるべき打者」 タイガース監督が明かす“与四球OK”の警戒心

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。投げては6回5安打1失点、5奪三振で今季3勝目を挙げた。打撃では1打数無安打で、2つの四球を選んだが、タイガースのA.J.ヒンチ監督は「オオタニはもっと歩かせるべき打者」などと評したという。

タイガース戦に2番・投手で投打同時出場した大谷翔平【写真:Getty Images】
タイガース戦に2番・投手で投打同時出場した大谷翔平【写真:Getty Images】

タイガース・ヒンチ監督の談話を米記者が紹介

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。投げては6回5安打1失点、5奪三振で今季3勝目を挙げた。打撃では1打数無安打で、2つの四球を選んだが、タイガースのA.J.ヒンチ監督は「オオタニはもっと歩かせるべき打者」などと評したという。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 もはや四球はやむを得ないという評価だ。この日、大谷が打者として対戦したのは、メジャーデビュー戦だったマット・マニング。第2打席は一ゴロだったものの、残る2打席は2四球を選んだ。

 試合後、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は、自身のツイッターでA.J.ヒンチ監督の談話を紹介。「彼(マニング)はオオタニを歩かせてしまった。しかし私が思うにオオタニはもっと歩かせるべき打者だ。正直なことを言わせてもらうとね」と語ったと記している。

 主砲のマイク・トラウト外野手が故障で離脱して以来、四球が増えている大谷だが、やはりその打棒は相手に警戒されているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集