[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平と塁上で絡む 大打者カブレラの“仲良し風景”にファン和む「マジで紳士か」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回5安打1失点、5奪三振と好投し、今季3勝目を挙げた。この試合では、かつて三冠王を獲得しているミゲル・カブレラ内野手とのやり取りが話題に。一塁上、笑顔で会話する様子や、死球を当ててしまった大谷が出塁の際に謝るような仕草も。SNS上の日本のファンからは「リスペクト感じる」「仲良しでニッコリ」などと反響が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷とカブレラのやり取りに日本のファンも注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回5安打1失点、5奪三振と好投し、今季3勝目を挙げた。この試合では、かつて三冠王を獲得しているミゲル・カブレラ内野手とのやり取りが話題に。一塁上、笑顔で会話する様子や、死球を当ててしまった大谷が出塁の際に謝るような仕草も。SNS上の日本のファンからは「リスペクト感じる」「仲良しでニッコリ」などと反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷と大打者のやり取りが注目されていた。初回、大谷は投手としてカブレラを真ん中96マイル(154.49キロ)の速球で三振に仕留める。その裏、打者として四球を選び出塁すると、何やら一塁手のカブレラと笑顔で言葉を交わす場面があった。

 そして4回無死一塁。カブレラの第2打席で、大谷の投球がすっぽ抜けてしまった。カブレラが腕を上げたため頭には当たらなかったが、大谷は帽子をとって謝罪。5回の打席で大谷が四球を選び出塁した際も、謝るような仕草を見せていた。

 こうした大谷とカブレラのやり取りを、MLB公式ツイッターも画像で公開。ツイッター上の日本人ファンからは「謝罪する大谷に対するカブレラの動きからしても、大谷に対するリスペクトを感じる」「仲良しでニッコリ」「大谷がカブレラに弄られてるの可愛い」「いちゃつきすぎだろw」「スターのやり取り」「カブレラが気にするなよって背中叩いてる感じまじで紳士かよ」「楽しそうにしてる」などと反響が寄せられていた。

 この日の大谷は、打者としては1打数無安打だったものの、2つの四球で出塁。投げては6回5安打1失点と好投。今季3勝目を手にした。2012年に打率.330、44本塁打、139打点で三冠王に輝いたカブレラからは、2つの三振を奪った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集