[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「才能がある」 アラム氏が若きパッキャオより上と評価「全く間違いない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は19日(日本時間20日)、米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦に臨む。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは若き日の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)以上の進化と称賛している。米ヤフースポーツが報じている。

井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO【写真:Getty Images】
井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO【写真:Getty Images】

2度目のベガスのリングを前に、アラム氏が23歳当時のパッキャオと比較

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は19日(日本時間20日)、米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦に臨む。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは若き日の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)以上の進化と称賛している。米ヤフースポーツが報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 名プロモーターの目には、井上の素質はパッキャオ級だと映っている。アラム氏がパッキャオをプロモートしたのは2001年から。当時23歳だった後のレジェンドと、現時点での井上を比較してこう話している。

「イノウエの方が進化しているか? 間違いない。そこに関しては全く間違いない。マニーはフレディの指導を受けて史上最も偉大なチャンピオンの1人となった。ナオヤがそこまで到達できるか、私にはわからない。なぜなら何人がそれを達成してきたというのか。だが、彼には信じられないほどの才能がある。そして、当時のマニーよりも進化していると断言することに疑いの余地はない」

 2001年6月に米ラスベガスでIBF世界スーパーバンタム級王者レーロホノロ・レドワバ(南アフリカ)に挑戦。これを6回TKOで破り、2階級制覇を成し遂げたパッキャオ。アラム氏はパッキャオの才能が開花したのは、名伯楽のフレディ・ローチ氏から指導を受け始めたこの試合からだったと振り返っている。

 23歳だったパッキャオはここからスターダムの道を駆け上がり、史上2人目の6階級制覇を成し遂げた。今回がラスベガス上陸2戦目となるモンスターは28歳ですでに3階級制覇を成し遂げている。当時のパッキャオと状況は違えど、アラム氏には比較しうる存在だと改めて高く評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集