[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、泳ぎながら2階席まで運ぶ19号 米記者絶賛の嵐「凄い。完璧」「マンモス級」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で2試合連発となる19号本塁打を放った。泳ぎ気味のスイングで右翼2階席まで運ぶ、飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大弾に米記者からは驚きの声が上がっている。

第2打席で19号を放ちダイヤモンドを1周する大谷翔平【写真:AP】
第2打席で19号を放ちダイヤモンドを1周する大谷翔平【写真:AP】

2戦連発の19号弾、体勢崩しながらの特大弾に驚きの声

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席で2試合連発となる19号本塁打を放った。泳ぎ気味のスイングで右翼2階席まで運ぶ、飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大弾に米記者からは驚きの声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷が一振りで捉えた。3回2死での第2打席だ。左腕アービンの甘く入ってきたスライダーに対し、少し泳ぎ気味の体勢となったが踏ん張って完璧にインパクト。快音を残して高々と舞い上がった打球は右翼2階席まで届いた。

 これぞ本塁打という弾道で飛び出した2戦連発の19号。ツイッター上の米記者からも驚きの声が上がっている。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「凄い。ショウヘイ・オオタニがオークランドコロシアムの2階席に完璧な本塁打をぶち込んだ。19号本塁打。打球速度は110.9マイル(約178.5キロ)で、435フィート飛んだ。2試合連続本塁打で、どの本塁打も左腕から放った」と驚きをつづれば、地元紙「サンノゼ・マーキュリー・ニュース」のカーティス・パシェルカ記者も「ショウヘイ・オオタニが2回、マンモス級の本塁打を右翼席に運んだ」と特大弾をマンモス級と表現している。

 さらに米メディア「バースツールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者も「ショウヘイ・オオタニが2試合連続で特大本塁打を放つ」と2戦連発のデカい一発を伝えている。

 大谷は5回の第3打席では意表を突くセーフティーバントを決めるなど4打数2安打。しかしチームは4点のリードを守り切れず、4-8で逆転負けを喫している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集