[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、着弾までわずか3秒“高速ライナー弾”に米ファン興奮「ビースト」「完璧」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2戦連発となる19号ソロを放った。前日の同カードでは6試合ぶりとなる今季18号ソロを放ったが、インパクトの瞬間からスタンドインまで約3秒の凄まじい一撃だった。相手投手も被弾を確信した131メートル弾の映像をMLBが公開すると、米ファンからは「容赦ないね」「クレイジーだ」と興奮の声があがっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

15日のアスレチックス戦で6試合ぶりの本塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2戦連発となる19号ソロを放った。前日の同カードでは6試合ぶりとなる今季18号ソロを放ったが、インパクトの瞬間からスタンドインまで約3秒の凄まじい一撃だった。相手投手も被弾を確信した131メートル弾の映像をMLBが公開すると、米ファンからは「容赦ないね」「クレイジーだ」と興奮の声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 完璧に捉えられ、相手投手も本塁打を覚悟していた。15日(同16日)日の試合。8回の第4打席で、大谷は左腕ルサルドの98マイル(157.71キロ)を打ち砕いた。凄まじい打球は、あっという間に右翼席へ。インパクトから着弾まで、約3秒という弾丸18号となった。打たれたルサルドは、打球を振り返ると手を膝につく。ガックリした様子で、スタンドインの瞬間を見届けることはなかった。

 飛距離429フィート(130.75メートル)、打球速度は115.8マイル(186.36キロ)の一発。実際の映像を、MLB公式インスタグラムが公開。「ショウヘイが18号をぶっ放した」と文面につづった。米ファンからは「スペシャルだ」「容赦ないね」「スゲー」「非常によろしい」「クレイジーだ」「ビーストだ」「完璧」「美しいスイング」などと興奮の声が寄せられている。

 大谷はこの試合4打数1安打1打点。翌16日(同17日)の試合でも2戦連発となる19号ソロを放つなど、4打数2安打1打点1盗塁と活躍したが、エンゼルスは4-8で敗れて3連敗となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集