[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平と似てる? アスレチックス右腕の“宝刀”を球団OB解説「動きが少し異なる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2戦連発となる19号ソロを放った。前日の同カードでは6試合ぶりとなる今季18号ソロを放つなど4打数1安打1打点。相手先発のフランキー・モンタス投手には3打数無安打1三振と抑えられたが、米メディアは大谷とモンタスの決め球スプリットを比較。握りや変化の特徴を伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷とアスレチックス・モンタスのスプリットを映像で比較

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2戦連発となる19号ソロを放った。前日の同カードでは6試合ぶりとなる今季18号ソロを放つなど4打数1安打1打点。相手先発のフランキー・モンタス投手には3打数無安打1三振と抑えられたが、米メディアは大谷とモンタスの決め球スプリットを比較。握りや変化の特徴を伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 挟み方は似ているが、落ち方や握りが違うようだ。投手・大谷とモンタスがスプリットを投じる比較映像。左側の大谷はボールの縫い目に指をかけて投じているが、モンタスは違う握りをしているようだ。落ち幅は大谷の方が大きいようだが、モンタスの投球は左打者の外角へ逃げるように変化している。この日、大谷がタイミングが合わず三振となった球も、このスプリットだった。

 米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説したメジャー通算132勝のエンゼルスOBマーク・グビザ氏は、比較映像で2人のスプリットを解説。「ショウヘイ・オオタニは縫い目に指をかけているが、モンタスは縫い目を使っていない。速度は同じくらいだが動きは少し異なる。モンタスのスプリットは外へ逃げていくような動きだが、オオタニのものは縦に落ちる」と語っていた。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は、グビザ氏が解説した動画を自身のツイッターに公開。「マーク・グビザによるクールな分析。ショウヘイ・オオタニとフランキー・モンタスのスプリットの違いを示す」と注目していた。

 モンタスは2015年にMLBデビュー。19年には96回を投げて9勝2敗、防御率2.63の好成績を収めている。今季は7勝6敗で防御率4.26。この試合では7回5安打2失点、8奪三振の力投で勝利投手となっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集