[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キャリア最長の145m、タティスJr.の特大21号弾に米魅了「バット投げもかっこいい」

米大リーグ、パドレスのフェルナンド・タティスJr.内野手が16日(日本時間17日)、ロッキーズ戦でリーグトップ独走の21号弾を放った。自身のキャリア最長となる477フィート(約145メートル)の特大弾をMLBが動画付きで公開。米ファンからは「飛びすぎ」「モンスター級」と驚きの声が続々と上がっている。

自己最長弾を放ったパドレスのフェルナンド・タティスJr.【写真:AP】
自己最長弾を放ったパドレスのフェルナンド・タティスJr.【写真:AP】

タティスJr.がナ・リーグトップを独走する21号

 米大リーグ、パドレスのフェルナンド・タティスJr.内野手が16日(日本時間17日)、ロッキーズ戦でリーグトップ独走の21号弾を放った。自身のキャリア最長となる477フィート(約145メートル)の特大弾をMLBが動画付きで公開。米ファンからは「飛びすぎ」「モンスター級」と驚きの声が続々と上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 強引にひっぱたいた。3回1死、左腕フリーランドの外寄りの87マイルに対し、踏み込んで力強く振り抜いた。打った瞬間確信するタティスJr.。凄まじい勢いで飛び出した打球は、ぐんぐん伸びて左中間スタンド中段まで到達した。

 軽やかにダイヤモンドを1周するタティスJr.。MLB公式ツイッターでは「タティスJr.による477フィート弾。彼のキャリアの中で最長の本塁打である」と記載し、動画付きで公開すると米ファンからは「深すぎる」「クアーズだとしても飛びすぎ」「モンスター級の爆弾」「バット投げもかっこいい」「火星まで飛ばした」「この男は神」などと称賛が相次いでいる。

 21本塁打は2位のアクーニャJr.(ブレーブス)に3本差をつけてナ・リーグのトップを独走。しかしチームは7-8で敗れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集