[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチのキャプテンシー健在 初陣苦戦も“後半激変”の理由「リスタートしよう、と」

ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で逆転勝ちした。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ね、1万8434人の観衆が集まった。前半は劣勢だったものの、後半に巻き返せた理由とは。

相手と健闘を称え合うリーチ・マイケル(中央)【写真:奥井隆史】
相手と健闘を称え合うリーチ・マイケル(中央)【写真:奥井隆史】

ラグビー日本代表、サンウルブズにまさかの苦戦も逆転勝ち

 ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で逆転勝ちした。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ね、1万8434人の観衆が集まった。前半は劣勢だったものの、後半に巻き返せた理由とは。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 前半、日本代表は思うような展開で進められなかった。相手にプレッシャーをかけられてボールを失う場面が目立った。サポートも十分につけられず、HO坂手淳史はボール争奪の場面で「最初の一歩の遅れが出た」と説明。自陣に釘付けにされる時間帯が多かった。

 この試合のために再結成されたサンウルブズは、試合6日前に始動し、8日夜から合流した日本代表9人と短い期間で作り上げた急造チームだった。ディフェンス練習は前日に5分程度しかしていないが、代表内の番手争いをする選手や、将来の代表入りへアピールを狙う若手が奮闘。ボールを回し、ディフェンスのよりもオフェンスに時間を割く展開に持ち込んだ。

 3-14で日本代表劣勢で前半終了。ここでリーチが動いた。これまでの代表やトップリーグではすぐにロッカーに向かう状況。しかし、全員で円陣を組んだ。「前半の悪いプレーを気にせずにリスタートしよう、と伝えた」。W杯の大舞台で桜のジャージの中心にいた男は試合後、こう明かした。

「今年から新しく取り入れたこと。ロッカーに帰る時にバラバラになる。チームとしてリフレッシュすることと、コミュケーションを取るのが大事。それでハドルを組みました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集