[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、本人も「Why?」仕草の連続ボーク判定に米識者「言葉がない」「特に2つ目だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。5回にボーク2つが絡んで2失点した。該当シーンは米国のネット上で拡散され、識者からも「言葉がない」「特に2つ目」と疑問符が投げかけられている。

球審からボークと判定されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
球審からボークと判定されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

5回に2つのボークが絡んで2失点、本人も「Why?」の仕草で驚き

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。5回にボーク2つが絡んで2失点した。該当シーンは米国のネット上で拡散され、識者からも「言葉がない」「特に2つ目」と疑問符が投げかけられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷がまさかの形で失点した。3-0とリードして迎えた5回2死一、二塁、打者・エスコバルを迎えた場面で二塁へ牽制。しっかりとプレートを外したように見えたが、ボークと判定され、走者2人がそれぞれ進塁。大谷は「Why?」と両手を広げ、驚いた表情を見せた。さらに2ストライクからは投球動作が制止していなかったとして再びボーク。暴投による振り逃げも重なって、この回無安打で2失点となった。

 降板した直後、4-2で迎えた6回に救援陣が追いつかれただけに、結果的に痛い判定となった。この2つのボークシーンは米国のツイッター上で拡散され、さまざまな反応を呼んでいる。

 米スポーツベッティング「ウェイジャー・トーク」のアナリスト、デイブ・コキン氏は「オオタニの2つのボークについて誰か説明しなければならないだろう。2つ目は特に」と疑問を投げかけた。米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するポール・スポラー氏は「オオタニに対する2つ目のボークへの言葉がない」と首をひねった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「これがボーク判定となり、失点を許した」と2つ目のボークを動画付きで紹介。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」も「ショウヘイ・オオタニはこのボーク判定に納得いかず」と紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集