[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳笹生優花、涙で伝えた”英語インタビュー”に米記者称賛「素晴らしく表現豊かな英語」

女子ゴルフの海外メジャー、全米女子オープンは6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州のオリンピック・クラブ(6457ヤード、パー71)で最終日が行われた。1打差2位から出た笹生優花(ICTSI)は73で回り、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(アビームコンサルティング)とのプレーオフを制した。大会史上最年少で栄冠を勝ち取った19歳はホールアウト後は涙を流しながら英語でインタビューに応じたが、米記者からは「素晴らしい」「アメージング」などと称賛の声が上がっている。

大会史上最年少で栄冠を勝ち取った笹生優花【写真:AP】
大会史上最年少で栄冠を勝ち取った笹生優花【写真:AP】

英語で伝えた感謝に米記者「勇気のある選手たちに限りない敬意を」

 女子ゴルフの海外メジャー、全米女子オープンは6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州のオリンピック・クラブ(6457ヤード、パー71)で最終日が行われた。1打差2位から出た笹生優花(ICTSI)は73で回り、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(アビームコンサルティング)とのプレーオフを制した。大会史上最年少で栄冠を勝ち取った19歳はホールアウト後は涙を流しながら英語でインタビューに応じたが、米記者からは「素晴らしい」「アメージング」などと称賛の声が上がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 思わず感極まった。コース上での優勝者インタビューに答える笹生。「最初に、家族に感謝したいです。家族無しではここまで来られませんでした」と英語でコメントすると、一気に感情が溢れた。言葉を繋ごうとするが出てこない。目頭を押さえ、懸命に涙を堪えようとした。

 周囲から拍手も起こる中、「ごめんなさい、上手じゃなくて。私を支援してくれた全てのスポンサーに感謝しています。そして、フィリピンと日本にいる友人とファンの皆さんに感謝しています。前進し続けます」と涙しながら言葉を繋いでいった。

 周囲のサポートへの感謝を伝えた、英語での心のこもったメッセージにSNS上の米記者も反応している。米専門誌「ゴルフダイジェスト」のダニエル・ラパポート記者は「母国語ではない言語でのインタビューをする勇気のある選手たちに限りない敬意を。感情が溢れだし、様々なことが頭を駆け巡る中で、通訳の後ろで隠れるのは簡単だ。素晴らしいパフォーマンスだった」と称賛を記している。

 米スポーツ専門局「ESPN」のキャスター、ジョン・ブッチグロス氏も「『ごめんなさい、上手じゃなくて』とユウカが言ったことに心打たれた。彼女はアメージング。フィリピンと日本で育った19歳。素晴らしく、表現豊かな英語。正直で純粋。私の新たなお気に入りの選手だ」とつづり、笹生のインタビューに心奪われているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集