[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「打たれない」伝家の宝刀 被打率.049に米反響「自分の球は打てるのかな」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、アスレチックス戦に投手として先発予定だったが、チームバスが交通渋滞に巻き込まれた影響により急遽登板を回避。野手として出場した。今日28日(同29日)のアスレチックス戦にスライド登板することとなった二刀流だが、米国では決め球のスプリットの威力が改めて注目されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

今日アスレチックス戦にスライド登板予定

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、アスレチックス戦に投手として先発予定だったが、チームバスが交通渋滞に巻き込まれた影響により急遽登板を回避。野手として出場した。今日28日(同29日)のアスレチックス戦にスライド登板することとなった二刀流だが、米国では決め球のスプリットの威力が改めて注目されている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 交通渋滞により、高速鉄道「BART」を利用して球場へ向かったが、到着が遅れたこともあり登板回避となった大谷。1日スライドして今季7度目の先発を迎えることとなった。今季ここまで防御率2.37、30回1/3で奪三振45と実力を見せているが、持ち球で最も注目されているのが、高速で鋭く落ちるスプリットだ。

 MLBのスタッツを専門に扱う「MLBスタッツ」公式ツイッターは「ショウヘイ・オオタニのスプリットはほとんど打たれない」との文面につづり、今季の被打率が低い投手と球種の組み合わせを発表。大谷は4位で、スプリットは驚異の被打率.049だという。5位はパドレスのダルビッシュで、スライダーの被打率が.066だった。

 この投稿に米ファンからは「アメージング」「そして彼は打つからな」「俺のオオタニ」「オオタニは自分のスプリットを打てるのだろうか」「ショウヘイは人間じゃない」「唯一打たれたのがバントヒットだったよな」などと反響が寄せられている。なお投稿で公開されている上位5名とその球種は以下の通り。

 1.カルロス・ロドン(ホワイトソックス):スライダー被打率.019
 2.ブライアン・ショー(インディアンス):カットボール被打率.026
 3.ゲリット・コール(ヤンキース):チェンジアップ被打率.047
 4.大谷翔平(エンゼルス):スプリット被打率.049
 5.ダルビッシュ有(パドレス):スライダー被打率.066

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集