[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前代未聞の珍プレー “逆走”が生んだパイレーツの守乱に米爆笑「2アウトなんだぞ!」

27日(日本時間28日)の米大リーグの試合で生まれた珍プレーが大きな注目を浴びている。カブス戦、パイレーツの一塁手が打者走者にタッチするため本塁方向へ追い込むも、隙を突いて二塁走者が一気に生還。その後も守備が乱れた前代未聞のシーンをMLBが動画で公開した。米ファンからは「2アウトだぞ!」「恥ずかしい」などと反響が寄せられている。

カブスのバエズ【写真:AP】
カブスのバエズ【写真:AP】

タッチを逃れるため打者走者が逆走、守備が乱れる

 27日(日本時間28日)の米大リーグの試合で生まれた珍プレーが大きな注目を浴びている。カブス戦、パイレーツの一塁手が打者走者にタッチするため本塁方向へ追い込むも、隙を突いて二塁走者が一気に生還。その後も守備が乱れた前代未聞のシーンをMLBが動画で公開した。米ファンからは「2アウトだぞ!」「恥ずかしい」などと反響が寄せられている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 こんな珍プレーはなかなか見られない。3回2死二塁、カブスの打者バエズが三塁ゴロに打ち取られた。一塁への送球が本塁側へ少し逸れたが、パイレーツの一塁手クレイグが捕球。ベースを踏まず、打者走者にタッチしてアウトを取ろうとした。バエズはこれを逃れるため、本塁方向へと“逆走”していった。

 一塁ベースを踏めば3アウトチェンジ。しかし、クレイグはバエズへのタッチにこだわり、ゆっくりと本塁側へ追い詰めていく。と、守備陣が目を離した隙に、二塁走者だったコントレラスが本塁を突いた。バエズをアウトにすれば得点は認められない以上、クレイグは無視してタッチすれば良かったのだが、焦ったのか本塁へ送球。コントレラスはセーフとなった。

 バエズはしてやったりの仕草。自らもセーフとなるため、一塁へ急いだ。パイレーツ守備陣は誰もベースカバーに入っていない。送球されたが、ヘッドスライディングのバエズもセーフに。しかもボールが逸れる間に、二塁へと進塁した。

 ドタバタ劇の実際の映像を、MLB公式ツイッターが動画で公開。「エル・マゴの魔法! こんな走塁見たことある?」と文面につづった。動画は415万回を超えて再生されており、米ファンからは「酷いフィールディング」「2アウトなんだぞ!」「魔法? 一塁手のミスだろ」「これは恥ずかしい」「アマチュア一塁手」「笑える」「一塁手誰だ?」などと反響が寄せられている。試合はカブスが5-3で勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集