[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 新星チョンの途中棄権は「正しい選択」 マメによる“足かせ”を英解説者が分析

新星チョンの途中棄権は「正しい選択」 マメによる“足かせ”を英解説者が分析

男子テニス世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)は、全豪オープン準決勝のロジャー・フェデラー(スイス)戦で途中棄権。メルボルンに巻き起こった“チョン旋風”は思わぬ形で終焉を迎えた。第2セット途中にタイムアウトを取り、左足裏のマメの治療を行ったが、英解説者は痛みによる途中棄権を「正しい選択」と分析している。

チョン・ヒョン【写真:Getty Images】
チョン・ヒョン【写真:Getty Images】

クロフト氏は動きへの影響を指摘「足かせをつけているような感じだった」

 男子テニス世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)は、全豪オープン準決勝のロジャー・フェデラー(スイス)戦で途中棄権。メルボルンに巻き起こった“チョン旋風”は思わぬ形で終焉を迎えた。第2セット途中にタイムアウトを取り、左足裏のマメの治療を行ったが、英解説者は痛みによる途中棄権を「正しい選択」と分析している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 立ち上がりの第1ゲームでいきなりブレークを許したチョン・ヒョン。第5、第7ゲームでもサービスゲームを落とし、第1セットを1-6と圧倒された。第2セットも劣勢が続き、途中にタイムアウトを申し出て、左足裏の治療を約6分間行ったが、フェデラーに2-5とされて迎えた第8ゲームの30-30となったところで棄権を申し入れた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説者を務める元女子テニス選手のアナベル・クロフト氏は、「彼の動きは少し制限されて、足かせをつけているような感じだった。こういうマメの問題は我々が想像するよりももっとひどいもの。誰もが大きな期待をしていたけれど、全く白熱した準決勝にならなかったことは残念です」と総括。フェデラー優勢のワンサイドゲームに加え、途中棄権で不完全燃焼となった観衆の胸中を気遣った。

 一方、同じく解説を務めた元男子シングルス世界ランク4位のグレッグ・ルゼドスキー氏は、チョン・ヒョンの苦渋の選択を支持した。

「これは正しい選択だったと思うよ。ロジャー・フェデラー相手に必要な水準の動きができなければ、あとは一方通行のように圧倒されるしかないんだ。我々は彼の回復を祈っています。怪我が問題にならないように、と」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー