[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラウンはなぜ親日家になった? 日本語勉強法も紹介「カタカナと平仮名はできる」

フィギュアスケートのジェイソン・ブラウン(米国)は親日家として知られるが、現在は日本語の勉強を熱心にしているようだ。ISU公式サイトは日本について語るブラウンの特集記事を掲載。日本語を学ぶ理由や日本の魅力について語った言葉を紹介している。

ジェイソン・ブラウン【写真:Getty Images】
ジェイソン・ブラウン【写真:Getty Images】

ISU公式サイトがブラウンの特集記事を掲載

 フィギュアスケートのジェイソン・ブラウン(米国)は親日家として知られるが、現在は日本語の勉強を熱心にしているようだ。ISU公式サイトは日本について語るブラウンの特集記事を掲載。日本語を学ぶ理由や日本の魅力について語った言葉を紹介している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 先月、大阪で開催された世界国別対抗戦に参加し、羽生結弦(ANA)との即席ダンスシーンなどがSNS上で話題となっていたブラウン。自身のツイッターなどでも度々日本語で文面につづるなど、フィギュアファンの間では親日家として知られている。

 そんなブラウンが日本を好きになったのは、15歳の時だったという。ISU公式サイトの特集では「2010年、ジェイソン・ブラウンは初めてのジュニアGPに出場するため軽井沢を訪れた。そこで、彼は極東の国に魅了された」と紹介している。

 ブラウンは「僕は(日本の)言葉、そして文化がすごく好きなんだ。日本が大好きだよ」「試合に出るために日本に行き、そこで日本が大好きになったんだ。それ以来、何とかして観客やファンのみなさんともっとつながりたいと思うようになった」などと語っているという。

 日本が好きになり、日本語の勉強を始めたきっかけは何だったのだろうか。ブラウンは「僕が訪れる国はどこも英語が通じた。そして、日本は僕がその国の言葉を話したり、コミュニケーションを取ろうとトライすることにすごく喜んでくれる最初の国だったんだ」と説明。日本語を話すことで、関わる人が喜んでくれたことを回想している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集